メインイメージ画像

問題集は基礎固めの役に立ち教育のうえでは重要なものです

様々な教材がある中で、子供や青少年の教育において、問題集の活用は論争のあるところです。しかし、反復練習としてのトレーニングを子供や青少年に積ませるという意味では、問題集を利用した反復練習のトレーニングを行う必要があると言えます。問題集に答えることは子供にとっては苦しみとなり得るケースも珍しくありませんが、その苦労が今度は自分自身の力に変わる、それが子供や青少年の教育における問題集を利用した反復練習であるトレーニングなのです。



問題集を使用することは、一定のパターンを自分自身の頭に刻み込んで、リズムやテンポを学習法の中に取り入れることの出来るトレーニングとなります。なので、問題集を取り敢えず解いてから、その後、詳しく問題の解説を教師や講師などにより行う手順で踏むと、さらに子供の学力を上昇させる効果が期待出来ます。問題集は応用問題を解く上でも必要不可欠のアイテムですから、基礎問題を反復練習としてトレーニングを特訓して解いた後には、応用問題を問題集の中から選んで適宜子供達に解かせて応用問題にチャレンジさせていくことも重要になってきます。



問題集を利用した勉強法は時に詰め込み教育との批判を受けるケースもありますが、実は参考書を用いた教育は詰め込み教育の教育法ではなく、むしろ応用力を養う自由な教育法であるということが言えます。応用問題を得意とする子供の多くは問題集を使用して基礎問題を徹底的に解いて反復練習のトレーニングを行ったという経緯があるケースがほとんどです。

反復練習は単純作業で退屈になったり、繰り返しで飽きたり、面倒だからといって苦手にならないように意欲的に問題集を使用して、基礎問題を繰り返し解いていくことにより、子供の発想力や応用力が自然に鍛えられる、という結果に繋がります。

教育における問題集の存在は基礎問題をしっかりと頭に叩き込む、というメリットと応用問題も柔軟に解ける応用力を身に付けることが出来るメリットという2つの大きなメリットが内在していることを認識しておきましょう。

更新情報